« 『ジョッキ』おつまみ居酒屋ハラス鮭とば¥100→50 | トップページ | 『マルコメ』砂糖を使わずに生まれた自然の甘さの糀ジャム »

2012年4月 1日 (日)

『ブランジェリーケン(下赤塚)』ずんだベーグル¥216(180←170)

またブランジェリーケンのベーグル記事が溜まってきたので、

1ヶ月の予定で毎日ベーグル記事を更新~

D1001498

ちょっと砕けた感じの枝豆が生地にそれなりに練りこまれてるかな。

枝豆自体はそれほど塩気を感じなくて豆そのものの食感を味わう感じ

練乳クリチが入ってるのでその部分は完全に甘み先行だけど、

チーズの無い部分は生地の甘さと枝豆の風味を味わえて一石二鳥

D1001637_3_2(166グラム)

↑2011年11月再購入~

ぷちっとした食感の枝豆と練乳クリチが今回も好相性

でもちょっとクリチの量が少なかったかな・・・。

D1001759 (157グラム)

↑2012年1月再購入~

もっちゅりした生地に枝豆のぷちっと感がたまらん~

練乳クリチはちょっとモロモロっとした食感になっちゃったけど、

生地の自然な甘さに相乗効果をもたらしてて良しっ

D1001807 (184グラム)

↑2012年3月再購入~

枝豆の緑が鮮やかで麗しいー

今回も安定したお味で大満足

Dsc_0186 (168グラム)

↑2012年6月再購入~

今回枝豆の粒は小さめ。

でもその分うまい具合にバラけて練りこまれてるので

どこ食べても枝豆にあたるのは嬉しいところ

Dsc_0422(182グラム)

↑2012年8月再購入~

むぎゅっとプレーン生地に満遍なく枝豆が入ってて、

一口齧れば必ず枝豆にあたるのは嬉しい限り

練乳クリチも満遍なく・・・っていうのは贅沢かな

Dsc_0550(189グラム)

↑2012年10月再購入~

練乳クリチがぽってり甘ウマで枝豆の爽やかな風味と良く合う

Dsc_0700(169グラム)

↑2012年11月再購入~

生地の締りが半端な~い引きちぎるのも一苦労なほど。

半透明な生地は歯にもちゅもちゅとくっついて、クラストの香ばしさと正反対の風味。

枝豆が大振りで食べ応えバツグン

Dsc_1017(193グラム)

↑2013年2月再購入~

もちゅもちゅ柔らかめな生地に大小様々な枝豆が満遍なくin

ぷちぷちした食べごたえの中に甘い練乳クリチがしみじみ美味いなぁ

Dsc_1445(179グラム)

↑2013年6月再購入~

一見すると枝豆少なそうだけど、細かくなって万遍なく練りこまれてる

練乳クリチとの相性も相変わらずでウマウマ~

Dsc_1482(182グラム)

↑2013年8月再購入~

甘い練乳クリチがたっぷりで幸せ~

生地のむぎゅっと感もナイス

Dsc_1370_2(219グラム)

↑2014年2月再購入~

半透明な生地がもちゅもちゅでナイス食感

Dsc_2022a(200グラム)

↑2014年7月再購入~

裏に透けて見える枝豆がちょっとセクシィ

練乳クリチがいつもよりしっとりしてて、まわりの生地が良い食感。

対照的に底の部分はぎゅうぎゅうに詰まっててアクセントが絶妙なり~

Dsc_3138(183グラム)

↑2015年3月再購入~

まだ買ってそんな経ってないせいか、練乳クリチがとってもフレッシュで美味ーい

枝豆の良い意味での青臭さと合ってる

Dsc_3116(209グラム)

↑2015年3月再購入~

粉の甘みがじんわり感じる生地と練乳クリチのまったりした甘みが合う。

甘い枝豆ってどうなの!?って思うんだけど、意外とマッチしてるんだよなぁ・・・。

Dsc_3537(189グラム)

↑2015年6月再購入~

ほんのり塩気がある枝豆と粉の甘みを感じる生地が最強に美味い。

練乳クリチが寄って入ってるから、生地部分だけを味わうこともできてお得な気分

Dsc_3535(201グラム)

↑2015年6月再購入~

生地の中の枝豆が偏っちゃってて、端っこに大集合

枝豆を存分に楽しむことができてグー

Dsc_3802(205グラム)

↑2015年9月再購入~

見た目にもたっぷり入ってる枝豆の食感がグー。

練乳クリチもミルキーでチーズケーキみたい

Dsc_3800(207グラム)

↑2015年9月再購入~

生地・クリチの白と枝豆の緑のコントラストがキレイ

枝豆のほのかな青臭さが食欲増進してくれる

Img_20160326_201223(206グラム)

2016年3月再購入~

いつもより塩気の利いたずんだ生地は枝豆がたっぷり入ってて、

これだけ食べてるとおつまみの枝豆とパンを一緒に食べてる気分

Img_20160326_184632(233グラム)

2016年3月再購入~

1回解凍させたのを再冷凍しちゃったけど味落ちなしで美味しいまんま

塩気のある生地にとろり練乳クリチがイイ。

Img_20160702_212505(193グラム)

2016年7月再購入~

ほんのり塩気の効いた生地に滑らか練クリとこりこり枝豆のほのかな青臭さがイイ

Img_20160702_204623(222グラム)

2016年7月再購入~

滑らかな練乳クリチに枝豆のプチプチ食感が合う

Img_20170827_004820(177グラム)

2017年8月再購入~

ぷっくりと丸くて可愛らしいかたち。

むっきゅりと粉の甘さを存分に感じられる

枝豆のクラッシュされてる割には大きくて食べごたえ十分。

練乳クリチとの相性もバッチリ

Img_20170827_004820(177グラム)

2017年8月再購入~

生地自体にうっすら塩気があって、練乳クリチの甘さを引き立ててくれる

枝豆の青臭さも合う~

Img_20170827_003753_4(199グラム)

2017年8月再購入~

焼き色が香ばしくてグー

Img_20180217_205836 (219グラム)

↑2018年2月再購入~

生地を触っただけで分かるもちもち感

ほんのり塩気のある枝豆と粉の甘さが素敵

濃厚なコクの練乳クリチも合うわ~

Img_20180217_203811 (241グラム)

↑2018年2月再購入~

もっちゅりした生地に塩気のある枝豆がグー

やっぱり今回の生地は美味い

Img_20180512_234029 (235グラム)

↑2018年5月再購入~

もっちり感の強い生地にミルキーな練乳クリチがピッタリ

Img_20180512_233421 (236グラム)

↑2018年5月再購入~

むっちりもっちりした生地にプチっと枝豆が良いアクセント

Img_20181201_233505 (188グラム)

↑2018年12月再購入~

おもちのようなもっちりした食感で、コリコリ枝豆とナイスマッチ

Img_20181201_233245 (204グラム)

↑2018年12月再購入~

むっちんむっちんの白玉の様な味わいの生地にコリっと枝豆やミルキークリチが合う

« 『ジョッキ』おつまみ居酒屋ハラス鮭とば¥100→50 | トップページ | 『マルコメ』砂糖を使わずに生まれた自然の甘さの糀ジャム »

BoulangerieKenブランジェリーケン」カテゴリの記事

東京のベーグル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 『ジョッキ』おつまみ居酒屋ハラス鮭とば¥100→50 | トップページ | 『マルコメ』砂糖を使わずに生まれた自然の甘さの糀ジャム »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ